喪中はがきのマナー

知っておきた「喪中はがき」のアレコレ 出す時期は?喪中って?

更新日:

身内に不幸があった場合、年賀状などで新年のあいさつをするのは辞退させていただく、ということを相手に伝えるために出すのが喪中はがきです。

喪中はがきを出すにあたり、喪中はがきって何なのか?どんなタイミングで出すのかなど知っておきたいですね。

喪に服すとは

「喪」って一体何なのでしょうか?

「喪」とは、近親者が無くなってから一定の期間を指し、その期間に「喪」に従って(服従して)故人の冥福を祈り晴れやかなお祝い事や旅行などは慎むこととされてされています。

喪に服する期間は13ヶ月とされるのが一般的のようす。

その間、結婚式などのお祝い事や旅行、家の新築や増築、飲み会なども避けるべきとされています。

 

ただ、最近では忌中の50日(49日)が過ぎると学校や会社などでは喪を解き、行事などにも参加される方が多いようです。

 

 

予め決まっていた結婚式が服喪期間となってしまった場合、延期をするかどうかは両家の判断になりますのでよく相談される必要があります。

結婚式への参列は本来の風習からで言うと服喪期間はお断りしたほうが良いようですが、招待頂いた先方の意向があれば参列しても良いでしょう。

風習を重んじる方の場合、服喪期間の参列を気にされる場合もありますが、是非参列をしてもらいたいと言っていただく場合もあると思います。

お菊さん
自分の判断で決めるのではなく先方の意向を沿うのが一番良いでしょう。

どこまでの親族が喪に服する範囲なの?

服喪する範囲は、地方や時代により違いがあり一概にここまで。と決めることはできないのですが、一般的には自分から見て2親等までとされることが多いようです。

結婚をしている場合には、配偶者側の親族の2親等以内も喪に服する範囲となります。

 

喪中はがきとは

喪中はがきは「喪」に服している為に新年のご挨拶ができない。というお知らせです。

「年賀状欠礼状」とも言われています。

決して喪中だよ。ということをお知らせするはがきではなく、服喪しているため新年おめでとう。という挨拶状は送れませんというご挨拶状です。

喪中はがきを出す時期

ではこの喪中はがきはいつごろ出すべきなのでしょうか?

喪中はがきの売り出しは例年9月ごろから行われているお店が多いようです。

 

12月に入ると年賀状の準備を始めるご家庭が多いため、遅くとも12月上旬ごろ、できれば11月下旬ごろ届くようにします。

年賀状の準備を始める前に喪中はがきを届けるのがマナーです。

 

不幸があった時期によっては喪中はがきを送る時期が先方が年賀状の投函をしてしまった時期である場合もあります。

その場合は、寒中見舞いでお知らせすると良いそうです。

お菊さん
年末に慌てて準備するのではなく、寒中見舞いでご挨拶を差し上げても大丈夫です。不幸があると落ち着くまでバタバタとしますので、その時の状況で決めても問題ありません。

喪中はがきはネット注文が手軽でお勧め

宛名印刷が無料!初めてでも安心のネット印刷なら「挨拶状ドットコム」

挨拶状ドットコムは初めてでも分かりやすく注文ができます。

スマホでの注文もラクラク!

しかも、12月26日までの注文なら宛名印刷が基本料が無料なので格安でハガキの作成ができます。 迷っているなら挨拶状ドットコムで決まりです!

挨拶状ドットコムで今年宛名の住所録を登録しておけば、翌年以降は登録済みの住所録をそのまま使うことができるので宛名印刷に困ることがなくなります。

喪中はがきの作成ついでに、住所録の登録をしてみましょう。

翌年以降の年賀状を挨拶状ドットコムで頼めば楽になりますよ!

喪中はがきを安くつくりたいならネットスクウェア

ネットスクウェアは格安で喪中はがきや年賀はがきが作れます。

値段重視でできるだけ安くと考えているならネットスクウェアがおすすめです。

宛名印刷にも対応しています!

他にないおしゃれな喪中はがきならCardbox

Cardboxならおしゃれな喪中はがきを作ることができます。

どれも同じようになりやすい喪中はがきですが、目を引くデザインで感謝の気持ちを伝えることができます。

宛名印刷にも対応!自宅での印刷はなかなか上手にできないものです。

宛名印刷もCardboxにお任せすれば安心ですね。

-喪中はがきのマナー

Copyright© 【喪中はがきを自宅で作る】喪中はがき印刷ガイド , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.